はじめて喪主になる方へ

挨拶

挨拶

抑えておくべき点は4つ

会葬されたこと、故人様と生前にお付き合いいただいたことへの謝辞を伝えること。故人様の生前中と変わらないお付き合いをお願いすること。形式的なお言葉ではなく、喪主様らしいお言葉を選ばれること。これらの内容を3分以内にまとめることの4つです。文例集をご用意いたしましたので、ご参照ください。

喪主以外の方も挨拶

「挨拶は喪主がするもの」と思われがちです。しかし、最近では「喪主の母に負担をかけたくない」「これから世帯主になる長男に任せたい」といった理由で、喪主以外の方が代わって挨拶される場合もあります。

費用

全国平均は189万円

全国平均は188万9,000円です。使用する斎場やご会葬者の人数、お布施やお料理によって費用は変わります。

葬祭費の補助金とは

国民健康保険の被保険者がお亡くなりになった場合は葬祭費が支給されます。自治体によって支給額が異なりますので、一覧表をご確認ください。社会保険の被保険者には埋葬料5万円が支給されます。どちらも支給に当たって申請が必要になりますので、私たちがお手伝いいたします。

喪主の決め方

喪主の決め方

故人様と縁の深い方を

喪主は、故人様と縁の深い方からお務めいただいたほうがよろしいでしょう。たとえば、ご夫婦のどちらかが旅立たれた場合、残された配偶者、長男、次男、長女、次女といった順になります。最近では、「母に負担を掛けたくない」と言った理由から、喪主のお名前だけはお母様で、ご子息が代行される場合もあります。

喪主はご家族を代表し、ご葬儀の日程や内容を決めたり、ご会葬者に対応するご葬儀の責任者です。ご葬儀を挙げられる前に、確認していただきたいことが5つあります。リストを用意いたしましたので、ご参照ください。

香典

気になる香典の収支

年齢や故人様との関係にもよりますが、ご親族の場合は1万円から10万円、会社関係の方の場合は3,000円から1万円、友人・知人の場合は5,000円から1万円が目安となっています。ご葬儀プランを選ぶ上で、香典のおおよその合計金額でどの程度まかなえるかが指標のひとつとなります。

香典・供花を辞退する場合は

「会葬者の方の経済的な負担を減らしたい」「親族や親しい友人で見送りたい」といった理由で、香典や供花を辞退されるご家族もいらっしゃいます。その場合は、事前にFAXなどでご案内しておきましょう。

相続

相続、保険のこと。ご葬儀の後もお手伝い。

相続増税に備えて

2015年1月1日から相続増税が行われ、相続税の基礎控除額は「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」から、「3,000万円+600万円×法定相続人数」まで縮小されました。相続対策については、専門家にご相談ください。

口座凍結の可能性は

故人様の死亡届が役所に提出されたからといって、役所が金融機関に連絡して、口座を凍結することはありません。なお、口座の凍結を解除するための方法は遺言書の有無で異なりますので、ご相談いただければ適切な対応を提案いたします。

お寺

喪主の決め方

まずは菩提寺の確認を

大切な方がお亡くなりになったとき、菩提寺をご確認ください。菩提寺が分からない場合はご親族にご確認ください。菩提寺がない方には、私たちが導師様をご紹介いたします。宗派が分からない方は、菩提寺や親族にご確認いただいたほうがよろしいでしょう。

お布施の内訳とは

お布施には、「信士・信女」といった戒名料と通夜・告別式の読経への謝礼が含まれています。私たちは、お布施の金額を明確に定め、公表しています。

最近のご葬儀の傾向

納得のいく遺影を準備

納得のいく遺影を準備

お元気だったころの素敵な笑顔の写真は、それだけで故人様の生き方が偲ばれるものです。近年では、「納得のいく1枚を遺影にしてほしい」と考える方が増え、愛するペットや、お気に入りの帽子を被って写真を撮られる方もいらっしゃいます。

お花の演出が好まれている

お花の演出が好まれている

故人様がお好きだったお花や、故人様をイメージしたお花で祭壇など、斎場内を飾り付けられるご家族が増えています。私たちがお手伝いしたご葬儀のうち、85%がお花による空間演出で故人様を見送られるほど、一般的になってきました。

お気に入りのお洋服で

お気に入りのお洋服で

「思い出の中のイメージと同じ姿で見送りたい」との想いから、白装束ではなく故人様がよくお召しになった、お気に入りの洋服でのお見送りを希望されるご家族もいらっしゃいます。納棺師がお体を清める湯かんやメイクをお手伝いいたします。

ページトップへ

広仏グループホシエ~HOSHIE~
広仏グループホシエ~HOSHIE~